診療内容

脳神経外科

現在常勤医師3名(脳神経外科専門医2名、うち脳卒中専門医1名、神経内視鏡技術認定医1名)、非常勤脳神経外科専門医数名体制で診療を行っております。 下垂体腫瘍、脳腫瘍、脳卒中、頭部外傷、脊椎脊髄疾患、顔面けいれん・三叉神経痛など脳神経外科全般にわたり積極的に診療を行っております。

脳卒中 脳卒中の治療には、内科的治療(t-PA療法含む)、手術療法(開頭治療)、リハビリテーション療法があります。当院ではいずれの治療に関しても、十分な知識と豊富な経験があります。
手術が必要な患者さんに対しては、開頭手術の治療も可能な体制をとっており、患者さんごとに適した治療法により治療いたします。

脳卒中に施行する手術治療: ①脳動脈瘤(破裂・未破裂): ネッククリッピング(Fig1)、脳動脈瘤塞栓術
②頸部内頸動脈狭窄 :頸部内頸動脈内膜血栓剥離術(Fig2、3)
③脳動静脈奇形: 開頭術
④脳内血腫: 開頭血腫除去術
⑤急性期脳梗塞:   頸部内頸動脈狭窄内膜血栓剥離術、急性期バイパス術
⑥脳動脈狭窄・閉塞に対する慢性期バイパス術(Fig4)

術中(クリッピング前)
脳動脈瘤ネッククリッピング直後

(Fig1)くも膜下出血で発症した左内頸動脈瘤にたいして、ネッククリッピング施行を施行

(Fig2)頸部内頸動脈狭窄の術前・術後の脳血管撮影(左:術前、右術後):狭窄が解消され、血流が増加していることがわかる

(Fig3)頸部内頸動脈内膜血栓剥離術の術中写真

(Fig4)左内頸動脈閉塞症に対するバイパス術前(左)、バイパス術後(右)の脳血管撮影
頭蓋内脳血管が増加していることがわかる

(Fig5)

脳・脊髄腫瘍
良性の脳腫瘍や脊髄腫瘍の治療を行っております。 出血を最小限に抑え、短時間で、患者さんの体にやさしい手術を心がけています。 退院までの平均入院期間は約10日間です。 また、不幸にも悪性度の高い腫瘍と診断された場合は、悪性腫瘍を専門とする医療機関にご紹介いたします。
頭部外傷
24時間体制で診療を行っており、緊急手術の必要な患者さんも受け入れております。
機能的疾患

眼科

■ごあいさつ 患者さんが気軽に来て診察を受けられるように心がけています。
最新の機器を駆使した、目に見える“わかりやすく親切丁寧な医療”を提供していきたいと思います。
医学博士号をもつ眼科専門医による安心できる眼科医療をお受け下さい。

■診療方針 眼科の病気は言葉だけの説明ではなじみがなく、よくわからないことが多いですが、実際の画像を使って、わかりやすい言葉でどなたでも分かる診療を目指します。
<見え方の質(QOV; quality of vision)を重視>
眼の病気により不自由を感じないように早期診断を行い、適切な治療を行います。
早期診断、早期治療が、良い治療結果につながります。
当病院の脳神経外科との連携を密に診療を行っております。
外来では結膜炎、ものもらいなどの一般診療の他、眼底検査、視野検査などの各種検査を行っています。白内障手術に関しては日帰り手術も対応可能です。尚、視力、メガネ、学校検診の結果等、疑問、質問があるときはスタッフまでお気軽に声を掛けて下さい。

■視能訓練士 専門スタッフ(視能訓練士)の検査により、正確な検査結果を基に診療を行っています。

■診療内容 白内障(日帰り手術)
緑内障
角膜疾患
ドライアイ
花粉症(アレルギー性結膜炎)
糖尿病網膜症
網膜剥離
加齢黄斑変性症
眼精疲労
斜視・ 弱視
小児眼科

■眼科設備機器 白内障手術機械
手術用顕微鏡
眼科用レーザー
細隙灯顕微鏡(スリットランプ)
視力計
眼圧計
視野計
屈折測定装置
レンズメーター
角膜内皮測定装置
超音波眼軸長測定装置
超音波断層像計測装置
網膜光干渉断層計
眼科画像ファイリングシステム

ページトップへ